社会福祉法人 ひさの里 特別養護老人ホーム ふじの木園 障がい福祉サービス事務所 ふじの木村

理事長インタビュー

理事長 須藤 正義 「人を笑顔にできれば、それは必ず返ってきます。」

何かお役に立ちたいという気持ちで始めたパン作りが、笑顔の原点です

平成17年より特別養護老人ホーム「ふじの木園」の運営を
始めたのですが、そのきっかけになったのは、
障がい者の福祉作業所として「自然パン工房 ふじの木村」を
立ち上げたことです。

ダウン症の次男が、小・中・高とおひさま学級、
特別支援学校でご指導頂き、
卒業後は市内の作業所でお世話になっていましたので、
次男の祖母でもある私の母を筆頭に家族全員が
「自分達なりに何か出来ることはないのか?」
という気持ちでいっぱいだったんです。
もちろん、最初は大変なことだらけでした。
みんなでパン作りを学ぶことからスタートし、
地道にそして一生懸命に取り組んでいましたね。
工房に集う天使達のために。
そうすると、気付いたら多くの方々から
ご支援を頂けるようになっていたんです。
そこでご縁ができた多方面の方々からいただいたものが、
高齢者の福祉施設運営のお話でした。
パン工房での活動を見守ってくださっていた方々からも、
「ぜひやってほしい」と。
そんなたくさんの後押しを受けて生まれた、
ふじの木園ですので、期待に応えるためにも、
ご利用者様の笑顔を広げ、繋いでいければと願っています。

職員にも目を向けた広い視野での“園”作りを

ふじの木園では、ご利用者様の為にはもちろんですが、
職員の皆さんが明るく、やりがいを持って
仕事をしていただける環境づくりを常に心がけています。

「環境が人を作る」という言葉があるように、
ゆとりのある空間に身を置くことで、
笑顔や優しい雰囲気が生まれてくるのだと思っているからです。
高い天井と広い廊下、そして主張し過ぎないインテリアと
穏やかな空間の中で、精神的にも余裕を持って仕事をする。
その結果として生まれる心からの笑顔が、
ご利用者様はもちろんのこと、
一緒に勤務する仲間にも広がっていくのだと思います。
それに、目と肌で四季折々の変化を感じられるロケーションも、
ふじの木園の大きな魅力の一つです。
裏山の木々の移ろいや、晴れた日に届く小鳥のさえずりなど、
自然に囲まれた中で過ごす毎日には
ゆったりとした時間が流れています。
ご利用者様と職員の皆さんが共にリラックスできる空間、
癒される時間、その中で生まれるたくさんの笑顔は、
ふじの木園にとって何よりの誇りです。

同じ目標に向かっているなら、失敗したって構いません

「一方的なケア」ではなく、
「ご利用者様自身が、どうして欲しいのか、
何を求めているのか。自分達に何が出来るのか。」を全員で
話し合い、一つの目標に向かってとことん考えを述べ合う。

「ご利用者様のために」という想いで繋がっているのであれば、
必ず「こころ」をひとつにした、
ご利用者様を中心に据えたケアが出来るはずです。
その過程で、やはり誰にでも失敗はあります。
ただ、そこでその人を責めるのではなく、
みんなの共通財産として蓄積していくことが大切。
是は是、非は非として、
良いことも悪いことも皆で共有することで、
一人の経験がみんなの財産になるのですから。
「ご利用者様のために」という想いに向かって、
遠慮なく意見が言える。
失敗を恐れて萎縮せず、皆がのびのびと働ける。
職員の皆さんのおかげで、
その環境が整ってきたと実感できています。

ご利用者さんと喜びを共有できたときの感動はこの仕事に携わる者へのご褒美です。

ご利用者様一人ひとりと向き合い、
コミュニケーションを深める中で、
相手の気持ちを考えて行動する細やかな心配りは、
とても重要な要素の一つです。

誰一人として同じ人間はいませんので、
それぞれの方にどうすれば喜んで頂けるのかを
イメージしていくことが大切なんです。
最初はどうすればいいのか戸惑うこともあると思います。
でも、そのご利用者様のことを考え、「喜んで頂きたい」と
思って起こした行動がしっかりと届いた時には、
「自分のことを認めてもらえた」という感動があるんです。
気付いたら、いつの間にか家族のように
思いやれる関係になっていますよ。
色々な人生に接して、様々なお話を聞き、
その方々の喜びや笑顔に触れ合えることは、
非常に価値のある経験だと思います。
当然、接し方はご利用者様それぞれで違います。
顔の数だけの接し方があるように、 一人ひとりの
ご利用者様がふじの木園で過ごすされる日々の数だけ、
毎日の接し方も異なります。
同じ答えがないからこそ、
いつも新鮮でやりがいのある毎日なんです。

利用者さんにとって、「我が家」であるように。

園の今後の目標としては、今までより以上に、
ご利用者様に愛していただけるようになることです。

職員に対して、ご自分の家族のように接していただけるように。
ふじの木園が一つの家族であるように。
そして、ご家族様と一緒に、
長い人生の最期を迎えられる「看取りの場」を
ふじの木園でご用意できればと思っています。
最期の時をいつ迎えるのかは誰にも分かりません。
早々に結論を求めるのではなく、
ご利用者様の日々の営みをお手伝いさせていただく中で、
ご利用者様とご家族様との信頼関係を深め、少しずつ、
その環境づくりを自然と進めていくことができればと考えています。
ご利用者様とご家族様に、
「ふじの木園で人生の最期を全うしたい。させてあげたい。」と
思っていただけるほど、我々にとって嬉しく、
また誇りに思えることはありません。
ふじの木園を愛していただけるように、
これからも「ご利用者様のために」という想いのもと、
たくさんの笑顔を広げていきたいですね。

profile

  • 昭和24年10月生まれ
  • 八幡東区で生まれ育つ
  • 大手電機メーカー半導体製造協力工場の経営を経て福祉事業へ。30年間培った「ものづくり」「ひとづくり」の精神は福祉の現場でも脈々と息づいている
  • 妻と息子3人と愛犬、
    愛猫の5人+2匹家族
  • 好物は芋焼酎、りんご、
    アイスクリーム、コーヒー、
    そして、何故か、「なすび」
  • 犬と猫が大好き
イメージ吹き出し「映画・野球・音楽、そして働く仲間と最愛の家族、さらに、ご利用者さんの笑顔、全てが宝物です。」
将来の夢は映画館の館主でした。

>続きは職員紹介コーナーで

message スタッフから理事長へ

仕事に対しては甘えを許さず、真摯に取り組む姿を自ら示していただいています。
他は、ユーモアたっぷりの楽しいおじさんです。(笑)

このページのトップへ戻る

copyright ©  社会福祉法人 ひさの里 all rights reserved.